役者、俳優として食べていくには?具体的な方法を考えてみた

役者、俳優として食べていくには?具体的な方法を考えてみた

こんにちは、役者をしている鹿子です。

役者、俳優を目指して

「俳優になりたい!」

「役者として食べていきたい!」

「いつかは売れるぞ!」

と日々頑張っていている方ってすごく多いと思います。

 

でも…

 

なかなか収入に結び付いていない
役者として食べていくための具体的な方法が分からない…

 

そんな人が多いのも事実だと思います。

 

実はかつての私がそうでした。

年に数回、舞台に立って、稽古と本番で役者としてのやりがいはあるけど…

収入にはならない(´;ω;`)

 

私の収入源は、稽古の合間にする毎月のバイト代だけでした。

 

いつになれば芝居だけで生活できるのか?

出口のない迷路にはまっていました。

 

「そもそも役者の仕事で食べていくとはどういうことなのか?」

当たり前ですが、意外と見落としている人が多い事なんですね。

がむしゃらにやっているだけでは、時間だけが過ぎていってしまいます。

 

「好きな演劇で食べていくにはどうしたらいいのか?」

これについて、本気で向き合って考え始めるようになってから、少しづつですが「役者としての収入」が増えるようになってきました。

といっても月に数万円レベルなので、バイトはまだ続けていますが(^^;)

 

そして「自分の芝居にお金が発生する」ということで、自分に自信も持てるようになってきました。

 

そこで今回は

 icon-check 役者、俳優として食べていくには?

  具体的な方法や考え方

についてまとめてみました。

 

ここにあることが全てではないと思いますが、参考になれば幸いです(^-^)




1.「役者として食べていく」の定義

 

私が考える「役者として食べていく」の定義とは…

 

 icon-check 役者としての収入が、生活費と同等、もしくは上回っていること

 

これが、最低限ではありますが、役者として生活が出来ている事だと考えています。

 

~私なりの定義~

 icon-check-circle 役者の収入=生活費

 icon-check-circle 役者の収入>生活費

 

なので、ちょっと乱暴ですが、あなたが月10万円で生活できるとすれば、役者の仕事で10万円稼げれば、役者として食べていけるということです。

 

 icon-exclamation-triangle ただし「売れている」わけではありません。

役者業だけで生活していることと、役者として売れていることは必ずしも「イコール」にはならないんですね。

中には「役者の仕事は不安定だから」と、生活ができていてもバイトも続けている役者さんもいます(^^;)

 

どちらにせよ、毎月0円で生活できる人はいないので「役者の仕事でお金をもらう」ということは絶対条件になります。

 

2.具体的に役者の仕事でお金をもらうとは?

 

具体的に、役者の仕事でギャラを支払ってもらうには、

前提条件として

「役者としてのあなたにお金を払う価値があること」

が絶対です。

 

なので、あなたがまだお芝居をやったことがなく、役者としての経験値がないのならば、まずは勉強をすることをおすすめします。

 icon-hand-o-right 【保存版】俳優のための演技ワークショップ情報サイトまとめ

 

「それなりに経験はあるのにいつもノーギャラで出演交渉される icon-frown-o 

という役者さんって結構多いんじゃないでしょうか?

わたしも「知り合いのお願いだし…」とノーギャラで仕事をしていた時代がありました。

 

 icon-exclamation 注意 icon-exclamation 

それを続けていると、いつまでたっても「ノーギャラで仕事してくれる人」から抜け出せなくなります。

 

もちろんお金が全てではありません!

「どうしてもこの人と仕事がしたい」

「お金以上に、この先期待できる何かがある」

などがあれば、私は受けてもいいと思っています。

 

気を付けるべきは

「当たり前のようにノーギャラで出演依頼をしてくる人」

であり、そうゆう人が結構な確率でいます(笑)

私の場合は、そういった仕事は勇気をもって断るようにすることで、関わる人たちのレベルが少し上がりました!!

 

また、金額が全てでもありません。

「今回は数千円しか出せないけど引き受けてもらえませんか?」と誠意のある方は大切にしていくべきだと思っています(^-^)

 

実際のバイトに置き換えたら分かりやすいと思うのですが、あなたがバイトをする時には

「時給がいくらか?」

「何時間働けば今月は生活できるぞ!」

と計算しますよね?

 

なのに、お芝居になると「ノーギャラ」という謎の仕組みがまかり通ってしまいます。

 icon-check-circle この仕事をすればいくらなのか?

 icon-check-circle 自分にとってお金以上のメリットは何なのか?

出演依頼を受けたときに、そのことは明確にしてから、引き受けるか、断るかを決めるべきです。

ここを具体的に考えられるかどうかで、役者として生活できるかどうかは大きく変わってくると思います。

具体的には?

例)月15万の生活費が必要な場合

 icon-circle エキストラのみ

1日5,000円×30日=15万円

 icon-circle 再現ドラマや、少しセリフがあったり、クレジットにのるちょい役など

1日10,000円×15日=15万円

1日20,000×8日=16万円

 icon-circle CM

15万以上×1本

 icon-circle 舞台

1ステージ1万×15ステージ=15万

 icon-circle 小劇場ならチケットバック

「客数をどれだけ呼べるか?」が勝負!!

 

あくまでも上記の値段は例えです。

組み合わせ次第で色々な稼ぎ方があると思います。

ただし役者の仕事は、バイトとは違いシフトを出せば必ず入れるわけではないので、とても不安定です。

 

CMが決まれば、数日働くだけで大きな金額になりますが、その前には「オーディション」があります。

CMのオーディションは10本受けて1本受かれば凄い!という世界です。

売れっ子にならない限り、毎月安定してポンポンと受かるものでもありません。

 

舞台の場合は、1ステージいくらで計算、もしくはギャラなしノルマ制の場合は「客数をどれだけ呼べるか?」が勝負になります!

 icon-hand-o-right チケットノルマに困らない!舞台のチケットの売り方のコツ(メール編)

 

なんとなく、自分がどんな仕事をしたら生活が出来るのか?

イメージはできてきたと思います。

では、その仕事はどこから取ってくるのか?

 

SPONSORED LINK


3.役者の仕事をするには

①事務所に所属する

もし「映画やドラマに出たい」「映像の仕事がしたい」というのならば、事務所に入るという方法があります。

映像系の仕事は、事務所経由でなければなかなか入ってきません。

 

映像の場合、キャスティング会社やキャスティング担当者(配役を探す人)は、付き合いのある各事務所に「20代後半で女性。髪の長い方いませんか?」などと依頼を出して、その中からイメージに合う人を探すからです。

様々な役者が揃っている事務所というネットワークがあるのに、わざわざフリーの人から探したりはしませんし、そこに時間を割くことはほとんどありません。

 

ただし監督、プロデューサー、キャスティングさんと個人的につながっていて、毎回声を掛けてもらえるならフリーでもチャンスはあります!

事務所に入っても仕事がない場合ももちろんあるので、事務所に入ったら全てではないのが、また難しいのですが(´;ω;`)

 

関連記事:芸能事務所に所属したのに仕事がない?原因と解決策3つ

②劇団に入る

劇団も色々な劇団があります。

ミュージカル、新劇、小劇場、児童演劇、大衆演劇・・・

1ステージいくらでギャラがもらえる場合もあれば、専属契約で給料制だったり、公演ごとに契約をしてギャラがもらえたり、ギャラなしノルマあり、チケットバックのある劇団だったり。

劇団によっては、舞台以外にも、映像方面のお仕事を斡旋してくれる劇団もあります。

劇団に興味がある方は、こちらの記事を参考にどうぞ。

 icon-hand-o-right 劇団の入団方法・選び方【舞台俳優になるには】

 

有名な劇団、ちゃんとお給料が貰える劇団は、なかなか狭き門です。

そのかわり、所属になればしっかりとした教育制度のある場合がほとんどなので、プロとしての力はつきやすいと思います。

 

小劇場などは、オーディションがある場合もありますし、無い場合もあります。

初心者歓迎の劇団もあります。

ただ、オーディションのない舞台というのは、大体ギャラなし、ノルマ制が多いです。

なので、何でもいいから舞台に立つ!というのは簡単にできても、それでお金をもらう、生活を成り立たせるとするとなかなか厳しい世界です。

③フリーで活動する

フリーというのは、事務所も所属していない、劇団も入っていない役者さんです。

フリーのメリットとしては

 icon-check-circle ギャラが全額自分に入る

(事務所所属だと、マネージメント料としてギャラの何割かは事務所が受け取っています)

 icon-check-circle 自分のさじ加減で仕事が選べる

などがあります。

ただし、自分で営業活動しなければならないし、ギャラ交渉も自分なので、負担も大きいです。

 

小劇場などは、フリーの役者さんは比較的多いです(^-^)

1度参加した劇団で、次も呼んでもらったりする事って結構あるので、仕事が繋がっていきます。

 

映像の場合は、個人的に制作会社、キャスティング会社と繋がっていれば、オファーがあるかもしれません。

ただ、映画やドラマ、CMなどは、一般公開されているオーディションはほぼありません。

なので、自ら制作会社、キャスティング会社に足を運んで、プロフィールや名刺を渡したりと、個人での営業力が大切になります。

 

関連記事:俳優・役者も名刺を作ろう!仕事を増やすデザインや活用術

 

4.取ってきた仕事を次につなげていくことが大切

 

現場に行ったら「また一緒に仕事をしたいな」と思ってもらえる結果を出すことも大切です。

これはキャスティングさんに聞いた話なので、確かなことですが

「役者として食べていくためには、リピートされることが大切!」

とのことです。

 

現場のスタッフさんに「もうあの人には仕事は頼まないでおこう」と思われたら、仕事は途切れてしまいます。

1つ1つの現場を大切にして「また何かあればあの人にお願いしようかな」と思ってもらえること。

そんなお得意様が増えていけば、自然と役者の仕事も増えていきますよ(^-^)というお話でした。

 

「具体的にどうすればいいの?」については、こちらの記事を参考にしてください♪

関連記事:役者で食べていける人って、どんな人?キャスティングさんに聞いてみた!

 

まとめ

ということで、役者、俳優として食べていくために、私が考えた具体的なコトでした!!

実際に私もまだ、役者の仕事だけで食べていけているわけではありません(^^;)

 

でも、芝居を始めて10年。

ノーギャラ時代と比べたら、役者としての収入は、少なからず貰えるようにはなってきたし、いろんな経験をしてきたと思います。

そんな鹿子の生い立ちはこちらから icon-arrow-right 鹿子のプロフィール

 

好きなことして生きていきたい!

その思いだけでここまで続けてきています。

同じ思いを持つあなたのお役に立てたら嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)

この記事を読んで「わかる~!」「こんなことも気になるな~」などと思った方!

感想や要望など、お気軽にコメント欄やお問合せからご連絡いただけたら嬉しいです。

twitterもやっているので、良かったらフォローしてくださいね♪

 icon-chevron-right お問い合わせはこちらからどうぞ

 

これからも役者に役立つ情報発信をしていきたいと思いますので、よろしくお願いします(^-^)♪

 icon-smile-o 鹿子ってどんな人? icon-chevron-right プロフィールはこちら

 

 

SPONSORED LINK