俳優・女優になるには「顔」は重要!?もっと大切なこと5つ

俳優・女優になるには「顔」は重要!?もっと大切なこと5つ

こんにちは、役者ブロガーのシカ子です。

あなたは、


俳優になりたいけど、顔が良くないとなれないのかな?


女優になりたいけど、自分に自信がない・・・。

なんて思ったことはありませんか?

 

今回は、

・俳優になるには「顔」は重要なのか?

・「顔」よりも大切なこと5つ

についてまとめてみました。

 

ちなみに私は、小学校の時に

私、女優さんになりたい!

と友人に伝えたら


え?その顔で?

と言われたことがあります(笑)

友達も悪気はなかったと思いますが、子供ながらに、ものすご~く傷ついた記憶が(´;ω;`)

私は地味顔で、結構気にしていたので icon-tint 

でも、そんな私も、今こうやって芝居をすることができています✨

 

顔が全て?

そんなことはありません!

 

自信がなくて一歩踏み出せなかった人。

容姿にコンプレックスがある人。

これを読んで「頑張るぞ~✨」って思ってもらえたら嬉しいです♪




俳優・女優になるには「顔」は重要?

 

美人、イケメンじゃないと俳優にはなれないの?

結論から言えば、

「顔が整っていなければ俳優になれない」

そんなことは、全くありません!!

 

だって、映画とかドラマって、美女、イケメンだけで作られているわけじゃないですよね?

いろんな個性を持った俳優さんたちが、出演していることは、見ていたら分かると思います(^-^)

 

それに「カッコイイ」「可愛い」の定義も曖昧ですよね icon-tint 

人には好みがあるので「100人全員が好きな顔」なんて存在しません。

いわゆる、しょうゆ顔が好きな人がいれば、ソース顔が好きな人もいるわけで。

オーディションで、審査員は「顔」だけで合否を判断をしているわけではありません。

 

ということで、今までに私が「素敵だな」「魅力的だな」と感じた俳優さんを思い出しながら「顔よりも大切な要素5つ」を考えてみました。

顔よりも大切な要素5つ

清潔感

正しい姿勢

豊かな表情

個性、キャラクター

自分の個性を最大限に活かすための工夫

この5つは、努力次第で手に入れることができるものです✨

そう考えたら、ちょっとやる気出てきますよね?

 

俳優・女優になるにために「顔」より大切な要素5つ

①清潔感

まず、清潔感は非常に大切です。

いくら顔が整っていたり、スタイルが良かったとしても

 icon-check-circle お肌がボロボロ

 icon-check-circle 髪がボサボサ

 icon-check-circle 歯が汚い

 icon-check-circle 服がしわしわ

 icon-check-circle 靴がボロボロ

では「ちょっとやだな icon-tint 」って思いませんか?

役者としてというより、人間関係を築いていく上で、清潔感がない人とは、あんまり一緒に居たくないというか・・・(^^;)

オーディションとかでも、結構見られているポイントなので、常に意識していた方が良いと思います。

 

②正しい姿勢

キレイな姿勢の人って、凛としていて目がいきますよね?

自信があるように見えます。

逆に、猫背だったりすると、どんより暗い印象で、疲れてるのかな?って感じますよね。

姿勢や立ち方ひとつで、相手に与える印象はガラッと変わります。

 

俳優を目指す上で「姿勢が悪い」って、とても致命的なことなんです。

姿勢が悪いと、いくら頑張って演技していても「この人姿勢悪いな~」ってことの方が気になってしまうんですよね icon-tint 

 

演技以前の問題です。

 

姿勢というのは、その人が何十年も積み重ねてきた「身体の癖」です。

何十年も積み重ねてきた癖って、すぐに治るようなものじゃないんです。

だから、オーディションなどでも姿勢が悪い人は、


この人は演技の前に姿勢改善からしなきゃいけないのか・・・ icon-tint 

ってなるので、即戦力から外されてしまう可能性が高いです。

 

もちろん役によって、猫背にしたり、ちょっと崩れた姿勢にしたりすることはありますよね?

でもそれは「ニュートラルな正しい姿勢」ができるから、役に合わせて崩すことができるということをお忘れなく!

 

ダンサーさんとかって、立ってるだけでも、存在感というか、オーラみたいなものを醸し出すのが上手い人が多い気がするんですが、それもやっぱり「正しく立つ」ということを実践できているからだと思います(^-^)

姿勢が悪いと言われている人、心当たりのある人は、一日でも早く改善をしていくようにしましょう!

 

③豊かな表情

嬉しい、恥ずかしい、悲しい、悔しい、びっくりした、楽しいなど。

表情豊かな人って魅力的ですよね?

 

無表情だったり、表情の乏しい人って「なんか感じ悪いな。」と思われがちだったりします。

逆に、貼り付けたような笑顔の人も「なんか本心が見えなくて怖いな。」と私は感じてしまいます。

 

俳優には、その役の気持ちを、ちょっとした表情で、繊細に伝えていく技術が必要です。

なので、表情豊かに人と会話できるかどうかというのは重要です。

また、オーディションなどでも、審査員は短い時間の中でも「あなたのいろいろな表情」を見たいと感じています。

表情筋も、鍛えないと衰えていきますので、日ごろから鏡を見てトレーニングしてみて下さいね(^-^)

 

④個性・キャラクター

個性やキャラクターを持っている、活かせている人は魅力的です✨

オーディションなどでも、そういう人って目立つんですよね。

例えば安藤サクラさん。

引用:All About

決してものすごく美人、整っているというわけではないと思います。

でも私は、大好きな女優さんです!

 

「百円の恋」では、アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞しました!

「万引き家族」でも高評価を受けていて、世界的にも注目される女優さんですね。

 

安藤サクラさんの魅力って、演技力はもちろんですが「綺麗すぎない、友人にいそう、ちょっと残念な役もハマる」ところじゃないでしょうか?

だから、見ている人が共感できる、感情移入しやすいと思うんです。

「百円の恋」での、自堕落な感じ、ボクシングでボコボコに殴られるところとか、綺麗な女優さんでは成立しないと感じました。

なので、役者として「自分の個性・キャラクター」を磨いていくことがとても大切です!!

 

⑤自分の個性を最大限に生かすための工夫

 

個性といっても、平凡な私に、個性なんかないよ・・・ icon-tint 

そんな風に思う人もいるかもしれませんが、あなたの顔、身体、声は、世界に1つで、それだけであなたの「個性」です。

 

わたしが好きな女優さんで、木村多江さんがいます(^-^)

木村多江さんのエッセイ「かかと」に、こんなことが書かれていました。

木村多江さんといえば、

 icon-check-circle 和風美人で着物が似合う

 icon-check-circle ちょっと幸の薄い役が似合う

そんなイメージがありますよね?

でも過去には、事務所から

 icon-check-circle 目が小さい

 icon-check-circle 胸がハト胸っぽいなぁ

 icon-check-circle 声が平凡

などと言われていた時期があったそうです。

そこで、20代のころは、必ず1日に1つ「勉強タイム」を作るようにして、

 icon-check-circle 動画をみて自分の顔や仕草の研究

 icon-check-circle バス停で人間観察

 icon-check-circle 自分の声をカセットテープで撮って朗読、声の研究

などをしていたそうですよ。

 

本の中では、木村多江さんの努力について、こんなことが書かれています。

コンプレックスなんて、数え上げればきりがない。

そことはうまく付き合っていくしかない。

でも、努力しないで悲観するぐらいだったら、やれるだけの努力はやってみた方がいいから、やりましたよ~、はい、いろいろ。

(中略)

良さそうなスタイルに見えるように、いい顔に見えるように、努力した。

実際にわたしを助けてくれたのは、ちょっとした身のこなしや、仕草、表情だ。

万が一、わたしが演じる役を観て「きれいだ」と一瞬でも思っていただけるようなことがあれば、それは、仕草、表情の残像がつくりだす錯覚です。

その錯覚が成功したとなると、わたしの研究も、まぁ捨てたもんじゃないということになる。

※2010年 講談社出版 木村多江
「かかと」P16より引用

木村多江さんは、自分の個性でもあり、コンプレックスでもあった、顔や声を活かすために、たくさんの工夫をして、研究して、今の雰囲気を作り出してきたんですよね。

ナレーションのお仕事もしていますが、ちっとも平凡な声だなんて思わないですよね?

優しくて、品のある、とても素敵な声だと私は思います。

 

つまり、何が言いたかったかというと「個性がない」というのは、あなたがその個性に気付いていないだけです。

「むしろコンプレックス・・・ icon-tint 」と感じている部分があなたの個性でもあります。

その個性を伸ばしていくことで、役者としての魅力も増していきます✨

キレイ、可愛い、カッコイイ、そんな人には負けないくらいの「自分だけの魅力」を見つけていきましょう!!

 

まとめ:俳優になるには顔が全てじゃない!もっと自分の個性を活かすことを考えよう

ということで今回は、

・俳優になるには「顔」は重要なのか?

・「顔」よりも大切なこと5つ

についてまとめてみました。

顔よりも大切な要素5つ

清潔感

正しい姿勢

豊かな表情

個性、キャラクター

自分の個性を最大限に活かすための工夫

この5つは、努力すれば必ず手に入れられるものです!

なので、自分にコンプレックスを持っていたり、一歩が踏み出せなかった方には、ぜひ自信をもってほしいです✨

 

幼いころ「その顔で女優になりたいの?」と言われた私でも、気付けば10年以上、お芝居を続けられています(笑)

あなたにとって、すてきな役者ライフが送れますように

 

これから俳優を目指したい人はこちらの記事もどうぞ。

 icon-comments 俳優になるには?

 




最後まで読んでいただき
ありがとうございます

これからも役者に役立つ情報発信をしていきたいと思いますので、よろしくお願いします

 icon-smile-o 鹿子ってどんな人? icon-chevron-right プロフィールはこちら

twitterも良かったらフォローしてくださいね♪

 icon-chevron-right お問い合わせはこちらからどうぞ