【俳優の教科書】役者におすすめの本!役者同士で演技論語る前に読むべし

【俳優の教科書】役者におすすめの本!役者同士で演技論語る前に読むべし

こんにちは、役者のシカ子です(^-^)

今回は

俳優を目指すなら呼んでほしい本

「俳優の教科書」について紹介します(^-^)

というのも

「役者になりたい!!」

という思いを持っていても

 

実際なにを頑張ればいいんだろう・・・

事務所に入れば仕事が来るの?

どんな努力をしたら役者になれるんだろう?

 

って、具体的に何をしたらいいかわからない人って結構多いと思います。

 

なんとな~く養成所に入ってみたものの

これで果たして役者として仕事ができるようになるのだろうか?

そんな思い・・・分かります!!!

 

かつて私もそんなループにはまり、

前に進んでいない不安だらけの日々を悶々としていました(´;ω;`)

 

この本「俳優の教科書」はそんな悩みを解決してくれて

すごく分かりやすく書かれていたので紹介したいと思いました(^-^)

 

ぜひ参考にしてみてください♪

最後に、演技のおすすめの本も紹介しているのでお見逃しなく~(^-^)

 

【俳優の教科書】本に書かれていること

作者は映画プロデューサーの三谷 一夫さんです。

「映画24区」という、映画製作や俳優育成、マネジメントを行っている総合プロデュース企業も展開しています。

目次

PART1「『ものづくりの感覚』を養う」

「俳優=特別な存在」ではなく作品作りの一員であるということを前提に、俳優以外のスタッフさん達が、どんな準備をして、どんな仕事をしているかについて、分かりやすくまとまっています。

 

このバックグラウンドを知るだけでも

「俳優は、そのスタッフさん達の頑張りの上で、最高のパフォーマンスをしなければいけない!」

「その期待に応えられる俳優でなければならない」

と身が引き締まる思いになります。

 

PART2 「脚本を深く読み解く」

私自身も、映画監督のワークショップに行くと、決まって求められるのは「脚本を読み解く力」です。

そのくらい「本を読む力」は俳優にとって大きなウェイトを占める能力だと思います。

この本では「脚本を読み解く4ステップ」を分かりやすく説明してくれています。

 

PART3 「映画からじっくり学ぶ」

この章では「俳優としての映画の見方」について書かれています。

映画はたくさん見ているのに、全然それが演技に活かされていなかったら・・・

意味ないですよね(^^;)

「俳優が見るべき映画の選び方」

もまとめられていて、とても参考になりました♪

 

PART4 「オーディションを戦略的に勝ち抜く」

実は、私がこの本を購入した一番の目的がこの章でした。

 icon-check-square-o 審査員が俳優を見るポイント

 icon-check-square-o 印象は悪くないのに記憶に残らない原因

icon-check-square-oオーディションの相手が問題児だった時の対処法

↑コレ、結構オーディションあるあるだと思います(^^;)

 

めちゃくちゃ具体的に書かれていました!

諸々、オーディションに取り入れて合格率UP icon-thumbs-up しましょう!

 

PART5 「俳優として長く生きていくために」

俳優として生きるために、継続して仕事が入ってくるために・・・

心構えや考え方についてまとめられています。

 

俳優という仕事は技術職なのです。

専門的な技術を習得するための訓練が必要な仕事なのです。

どうか、俳優という職業を軽く見ないでください。

ピアニストや野球選手と同じ、圧倒的な高い技術が必要とされる世界で、想像を絶する訓練と努力が必要であるということを、知ってください。

※2017年 株式会社フィルムアート社出版 三谷一夫 「俳優の教科書」 P221より引用

SPONSORED LINK


参考になった部分

 icon-check-circle キャスティングプロデューサーはどんな俳優をチェックしているのか

 icon-check-circle 映画監督に聞く「こんな俳優と仕事をしたい」中野量太監督

 icon-check-circle 俳優人生のためになる、正しい芸能事務所の選び方

 icon-check-circle 俳優に聞く「こんな俳優になりたい」鈴木亮平

今でこそ、大河で主役をしている鈴木亮平さんも、事務所所属のために自分でプロフィールをもって芸能事務所や制作会社を50社以上も回っていたそうですよ。

驚きました(◎_◎;)

やっぱり自分から行動していかないと道は開けないんですね。

鈴木亮平さんのインタビューは、裏側が知れて興味深く読めました(^-^)

 

この本は、三谷 一夫さん自身が、映画プロデューサーで作り手側なので

「作り手側」の目線・インタビュー記事が盛り込まれているので、俳優として参考になります。

音声さんやメイクさんの声まで、インタビューされていて。

なかなか聞くことができない声がきけて「そんなこと見てるのか~」と目から鱗です。

 

俳優同士で相談しあっていても解決しないことですからね(^^;)

レッスン終わりに役者同士で「売れたいぜ~」と論議を交わす前に icon-exclamation 

「まずこれを読むべし!!」

ってかんじです(笑)

この本を読むと

 icon-check-circle 撮影現場とはどんなものなのか?

 icon-check-circle 求められる役者とはどんな役者なのか?

 icon-check-circle 自分はどこを目指せばいいのか?

具体的なルートが見えてきます(^-^)

 

少しでも夢に近づける手掛かりになりますように♪

 

その他おすすめ演技本はこちら

鴻上尚史さんシリーズ

 icon-check-circle 発声と身体のレッスン―魅力的な「こえ」と「からだ」を作るために

演技初心者も、経験者も読んで損はない基礎の基礎本!

「演技をするための身体づくり」

「演技をする上で重要なリラックスした状態の身体」

そこにアプローチするための方法が分かりやすくまとめられています。

 

 icon-check-circle 表現力のレッスン

 icon-check-circle 演技と演出のレッスン ─ 魅力的な俳優になるために

鴻上尚史さんの本は、どれも分かりやすく、実践的です(^-^)

演技初心者の方はまず手に取ってみてはいかがでしょうか?

ステラ・アドラーの本

 icon-check-circle 魂の演技レッスン22 〜輝く俳優になりなさい!

語り口調で書かれているので、まるでステラ・アドラーの授業を受けているかのような、臨場感のある本です。

 icon-certificate 役者として、どのようにものを見るべきか?

 icon-certificate 日頃からどう生きるべきか?

 icon-certificate 役作りとは?

 icon-certificate なぜスケールの小さな役者におさまってしまうのか?など

厳しくも熱い、愛のある言葉が胸に刺さる本です。

演技に行き詰ったときに読み返したい一冊です。

 

 icon-arrow-down 俳優の教科書

俳優の勉強ならこちらもあわせてどうぞ

 icon-comments あわせて読みたい

【役者になりたいなら】演技以外にも取り組むべきレッスン5つを紹介

【保存版】俳優のための演技ワークショップ情報サイトまとめ

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)

この記事を読んで「わかる~!」「こんなことも気になるな~」などと思った方!

感想や要望など、お気軽にコメント欄やお問合せからご連絡いただけたら嬉しいです。

twitterもやっているので、良かったらフォローしてくださいね♪

 icon-chevron-right お問い合わせはこちらからどうぞ

 

これからも役者に役立つ情報発信をしていきたいと思いますので、よろしくお願いします(^-^)♪

 icon-smile-o 鹿子ってどんな人? icon-chevron-right プロフィールはこちら

 

SPONSORED LINK