俳優になるには大学生からでも遅くない?大学と両立できること10コ紹介

俳優になるには大学生からでも遅くない?大学と両立できること10コ紹介

こんにちは、役者ブロガーのシカ子です。

今回は、


大学生から俳優を目指すのは遅いのかな?

大学と両立しながら俳優の夢を目指せるのかな?

親に大学は出るように言われたけど、役者の夢も諦めきれない!

何かできることはないかな?

なんてお悩みの方に、

・俳優になるには大学生からでも遅くない?

・大学と両立しながらできること10コ

についてまとめてみました(^^)

 

実際に私も、大学に通いながら演劇にうちこむ4年間を送ってきました。

そんな私の体験をもとにまとめてみたので、少しでも参考になれば幸いです(^-^)

 

皆さんが、素敵なキャンパスライフを送れますように✨

俳優になるには大学生からでも遅くない!?

結論からお伝えすると、

大学生から俳優を目指すのは遅くない

と私は考えています。

 

理由は、大学生って、実はたくさんの時間があるし、社会人ほどの拘束も少ないからです。

大学って、夏休みは1カ月半くらい、春休みは2カ月くらいあって、すごく長いですよね?

 

単位の取り方次第では、学校がある時期でも週3日~4日休みにしたりもできちゃいます。

なので、やる気次第で俳優の大学の両立も、難しいことではないですよ(^-^)

 

参考までに、私が上京した18歳からお芝居を始めて、大学時代にできたことを書き出してみると

 icon-check-circle 演劇部で年2~3回の公演

 icon-check-circle 外部の劇団に参加

 icon-check-circle 朗読劇に参加

 icon-check-circle 仲間内での自主公演(制作として参加)

 icon-check-circle 自主映画に出演

 icon-check-circle 演技ワークショップに参加

 icon-check-circle エキストラのバイト

などなど、結構いろいろやってきました。

もちろんバイトもしつつです。

そして大学も(なんとか)卒業できました✨

 

そんな感じで、大学に通いながら、芝居もしていた私の体験をもとに「大学と両立しながらできそうなことを10コ」まとめてみました✨

今のあなたでも始められそうなことがあれば、ぜひ一歩踏み出してみて下さい(^^)

 

【俳優になるには】大学と両立しながらできる10のこと

俳優といっても、ざっくり2つのジャンルに分かれるかと思います。

 icon-check-circle 舞台の俳優

 icon-check-circle 映像の俳優

演技の根本は同じですが、求められる表現方法が少し変わってきたりします。

 

とはいっても、お芝居始めたての方は、急いで1つに絞らなくてもOK。

舞台のお芝居、映像のお芝居、どちらもやってみて、それぞれの違いを知るところから始めたら、どっちに転んでも自分の勉強になると思うので(^-^)

 

今回は、舞台と映像で分けてみましたが、自分のできそうなことから是非チャレンジしてみてください🎵

1番大事なのは「まず行動してみること」です✨

 

舞台俳優を目指すなら

舞台俳優を目指すなら、

演劇部に入る

外部の劇団に参加

演劇ワークショップに参加

自分たちで企画公演をする

などができます(^-^)

それぞれ詳しく紹介していきますね。

 

①演劇部に入る

あなたの大学に、演劇部や演劇サークルはあるでしょうか?

 

私は、大学時代に演劇部に入っていました。

演劇部のメリットとしては、稽古場も学内で、公演場所も学内のステージを借りられることが多いので、基本お金がかからない点です(^^)

あと、舞台づくり、照明、音響、衣装作りなど全てを部員たちでやったので「1から舞台をつくる」ということを学べて、後に劇団を運営する時に役に立ちました。

 

デメリットとしては、演技コーチのような人はいなかった点。

学生同士で演技のダメ出しをしあってたので、あんまり演技の基礎的なことは学べなかった気がしています💧

ただ、初心者だったのに、年に2~3本とハイペースで舞台に立てたのは良い経験だったなと思います(^^)

 

②外部の劇団に参加する

「学内だけでは物足りない!」

「なんか演劇部は合わなそう・・・」

そんな方は、外部の劇団に参加してみるのもありですよね(^^)

 

私の場合、大学3年生ころから、外部の劇団に参加するようになりました。

外部の劇団に参加することで、プロでお芝居をしてる人達に触れられてとても刺激になりました。

あとは、幅広い年代の人と触れ合うきっかけになって、とにかく社会勉強にもなりました。

後輩としての立ち回り、気遣いとか、年上の人との関わり方は外部の劇団に参加したからこそ学べたことだなと思っています。

 

③演劇ワークショップに参加する

「いきなり劇団に参加するのは敷居が高い」

という場合は、まずワークショップに参加してみてはいかがでしょうか?

演劇ワークショップは、探せばたくさん見つかります🎵

初心者向けのワークショップや、劇団の出演者募集兼ワークショップというのもあります。

 

私が初めて外部の劇団に出た時は、好きな劇団のワークショップに参加させてもらって、そこから「今度の舞台でてみる?」と声をかけていただきました。

このように、ワークショップから舞台出演に繋がるということもあるかもしれません✨

 

 icon-comments ワークショップ探しはこちらからどうぞ

 

④自分たちで企画公演をする(劇団の立ち上げ)

大学の長い夏休み、春休みなどを利用して、芝居仲間と公演を企画してみるというのはどうでしょうか?

劇場を借りなくても、キャパも20人くらいに絞って、小さなアトリエや貸しスペースで小さく始めてみれば、そこまでお金もかからないし、始めやすいですよ✨

 

自分たちで1から舞台を作るというのは、大変ですが、すご~く学びが多いことです。

これから、舞台や映像で、俳優という仕事をしていく上で、とても良い経験になると思います。

 

映像の俳優を目指すなら

映像系の俳優になりたいと思っているなら、

映画製作のサークルに入る

映像系のワークショップに参加する

自主映画に参加する

俳優事務所に入る

週末・夜間の演技スクールに通う

エキストラとして撮影に参加する

などができると思います。

 

①映画制作のサークルに入る

大学に映画制作サークルなどがあれば、入ってみるのもありですよね🎵

役者としての参加なら、

 icon-check-circle カメラの前で演技するってどんな感じなんだろう?

 icon-check-circle 自分の演技って、人から見たらどんな風に見えるんだろう?

などなど、実際に経験しながら学ぶことができます。

演技って結局、頭で考えていてるだけではできないので「やってみる」ということが大事!

 

スタッフとしての参加なら

 icon-check-circle 映画の準備って、どのくらいの時間がかかるものなんだろう?

 icon-check-circle スタッフさんからみて、役者ってどう見えてるんだろう?

など、作り手側の目線が分かるようになったり、スタッフさんのありがたみを実感できると思います。

 

②映画監督など映像系のワークショップに参加する

映画監督や映像演技などのワークショップなら、授業のない日に参加できますよね?

いろんなところでワークショップは開催されていますので探してみて下さい(^^)

 

演技って1日や2日で上手くなるもではありません。

本気でプロを目指すならしっかり訓練することが必要になると、私は思っています。

「演技=演じる技術」ということなので、感覚だけではできないものです。

なので「俳優を目指すなら演技の勉強は、1日でも早く始めた方がいい」というのが私の考えです。

 

初心者でも大丈夫かな?

という不安もあると思いますが、始めはみんな初心者です。

上手くできないから勉強するんですよね?

初心者向けのワークショップなどもありますので、まず自分のできそうなことから始めてみて下さい(^-^)

 

 icon-comments ワークショップ探しはこちらからどうぞ

 

③自主映画に参加する

映画制作の掲示板などでは、自主映画のキャスト募集なども行っています。

自主映画ってピンキリだし、作っても結局お蔵入り・・・。

そんなことも、ぶっちゃけあります💧

 

だけど、演技初心者の方や、現場に行ったことのない人は、まず自主映画で「経験を積む」というのは、とても勉強になると思います。

自主映画から売れていく監督とかもいますし、大学生のうちに色んな知り合いを増やしておく、将来の種まきをしておくというのは1つの戦略としてありですよね🎵

 

④俳優事務所に入る

10代後半〜20代前半であれば、特に年齢制限なく俳優事務所のオーディションを受けることができるかと思います。

ハッキリお伝えしておくと、

オーディションを受けて、事務所に入って、すぐにドラマや映画が決まった✨

ということは、ほぼないです。

ただ、今の自分の実力試しとして受けてみるのは、ありなんじゃないかなぁと思います。

 

例えば、10社の事務所に書類を送ってみる。

 icon-check-circle そのうち書類が通ったのは何件か?

 icon-check-circle オーディションに行けたのは何件か?

そんな風に、明確に自分の現在地が分かるかと思います。

 

ぶっちゃけ、事務所側も即戦力を求めている事が多いか、経験がなければレッスンをさせてから現場に行かせようというケースが多いです。

ただし、万が一、高額なレッスン料を取られるような事務所に受かった場合は、慎重になってくださいね。

 

 icon-comments オーディション詐欺に合わない方法

 

 icon-comments オーディション探しはこちらからどうぞ

 

⑤週末・夜間の演技スクールに通う

大学と並行しながら、演技の勉強をしたいなら、週末や夜間のスクールに通う方法があります。

 

おすすめなのはヒューマンアカデミー」です。

ヒューマンアカデミーには「週末・夜間講座」があって、

 icon-check-circle 自分の都合に合わせてレッスンが組める

 icon-check-circle スクールに通いながら、オーディションを受けられるチャンスが豊富!

 icon-check-circle オーディション対策の授業もあって実践的

など、大学と両立しながら、演技のレッスンができるのはもちろん、オーディションのチャンスもあるのが良い点です。

 

無料で資料請求ができるので、気になる方はどうぞ♪

今、資料請求した人は、無料で「オーディション対策本」がもらえます!

\ 詳しくはこちら /

 

私もオーディション対策本が欲しい(笑)

 

 icon-comments 「ヒューマンアカデミー」の口コミ評判はこちらの記事をどうぞ

 

⑤エキストラとして撮影に参加する

「俳優を目指したいけど、俳優の仕事について、テレビで見てるような情報しか持ってない」

「漠然としててイメージわかないなぁ icon-tint 

という方は、まず現場を知るという点で、エキストラに参加してみるのがおすすめです。

 icon-check-circle プロの俳優さんたちはどんな環境の中で芝居をしているのか?

 icon-check-circle 現場でどんな立ち振る舞いをしているのか?

 icon-check-circle 売れてる俳優さんと、自分は何が違うのか?足りないものは何なのか?

そんなことを考えながら参加してみると、勉強になることがたくさんありますよ♬

 

エキストラのバイト探しはこちからどうぞ

 

大学と俳優を両立するために意識したいこと3つ

最後に、私が実際に大学に通いながら

「俳優を両立するために意識していたこと」

「こうしとけばよかったぁ」

と今更ながら感じることを3つ紹介します。

 

①単位の取り方を工夫する

これは、大学時代に特に意識していました。

舞台の稽古が、夕方からの場合が多かったので、なるべく朝からの授業をとって、夕方は空けられるようにしていました。

 

あとは、なるべく単位は落とさない(笑)

1〜2年で頑張って単位を取って、3〜4年は余裕をもたせるようにすると良いかなって思います(^-^)

自分の時間をできるだけ確保できるように、時間管理を意識しましょう。

 

②何か1つ特技を磨こう

演技ももちろんですが演技以外の特技」を身につけておくことを本当におすすめします!

 

なぜかというと、今って、自分の特技を発信して、稼ぐことができる時代ですよね?

特技が1つあることで、在学中も、卒業後も、

 icon-check-circle 時給のバイトで生活費ギリギリを稼ぐ。

 icon-check-circle 何年働いても時給が低いまま・・・。

 icon-check-circle 貧乏で役者を続けるのが苦しい icon-tint 

という、残念な事態を回避できる可能性があるからです。

 

それに「役者×特技」があなたの個性になるので、オーディションや現場などでも役に立つ場面って多いんですよ!

 

オーディションなどでは「役者は演技ができて当たり前」という世界です。

演技の上手な俳優さんなんて、たくさんいるんですよね~ icon-tint 


初めまして。私は演技経験10年です!

と言われても「ふーん」って感じじゃないですか?(笑)


バク転ができます!


留学経験があって、普段は英語レッスンの先生もしています。


2年前から1日1本映画を観ていて、今は連続730本を更新してます。

などなど。

会話のきっかけになるし、記憶に残るような特技があると「この人面白そうな人だな」ってなりませんか?

 

ぶっちゃけ私は、特技という特技を持っていません。

だからこそ切実に伝えたい!

特技は絶対にあなたを助けてくれます!

具体的には、

 icon-check-circle 大学の授業で資格を取る。

 icon-check-circle 語学の授業をとって習得する。

など、大学の授業を活かす方法がおすすめ✨

大学の成績にも、俳優としてもプラスに働くので、一石二鳥ですし、大学生の特権ですよね🎵

 

 icon-comments 役者に役立つ習い事を知りたい方はこちら

 

③大学生だからこそできることもやっておこう!

役者って、色んな経験が、お芝居に活かせる仕事です。

だから演技以外にも、大学生のうちにできることは、どんどん挑戦したり、失敗したりして、経験値を上げてくのがいいんじゃないかなって思います。

 

海外旅行してみるとか、留学してみるとか。

大恋愛💕を経験してみたり(笑)

国内一人旅とかもいいですよね!

 

とにかく、大学のうちに興味があることや、やってみたいとには、たくさんチャレンジした方が、深みのある人間になれると思います。

役者って、人間力が滲み出る仕事ですから。

演技以外にも、色んなことを吸収して欲しいなと思います。

必ず将来に役立つはずです(^^)

 

まとめ:大学に通いながら俳優を目指すことは可能!色々チャレンジしていこう

今回は、

・俳優になるには大学生からでも遅くない?

・大学と両立しながらできること10コ

についてまとめてみました。

大学生から俳優を目指しても遅くないですし、学業と両立しながら出来ることってたくさんあります✨

 

何事もそうですが、いきなり100段上の階段まで飛んでいくことはできないですよね?

まずは目の前の1段を登ってみることから始まります。

 

今できそうなこと、小さな一歩で構いません。

まず行動してみて欲しいなと思います🎵

 

 icon-comments 週末・夜間スクールに通うなら

 icon-angle-double-right ヒューマンアカデミーの詳細はこちら

 

 icon-comments ワークショップに参加してみる

 

 icon-comments オーディションを探してみる

 

 

 icon-angle-double-right ヒューマンアカデミー

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございます

これからも役者に役立つ情報発信をしていきたいと思いますので、よろしくお願いします

 icon-smile-o 鹿子ってどんな人? icon-chevron-right プロフィールはこちら

twitterも良かったらフォローしてくださいね♪

 icon-chevron-right お問い合わせはこちらからどうぞ