【役者になりたい社会人に】今すぐ取り組める3つのコト

【役者になりたい社会人に】今すぐ取り組める3つのコト

こんにちは、役者をしている鹿子です。

今回は

役者になりたい社会人の方のために

今すぐ始められる3つの事

についてお伝えします。

 

夢を持つこと、やってみたいことがあるって素晴らしいことです!!

でも・・・

 

 今さら役者を目指すなんて遅いのかな?
一体何から始めたらいいのか、分からない し・・・
やりたいとは思っていても、なかなか一歩踏み出せずに時間だけが過ぎていく・・・

なんてこと、あると思うんです。

 

そこで今回は、まず一歩踏み出してもらえたらと思って

 icon-check 社会人でも今すぐ始められる3つの事

についてまとめてみました。

今後の参考にしてみてください(^-^)




はじめに

役者を目指すにあたって、まずしっかりと理解しておいてほしいことがあります。

「役者は技術職である」

ということです。

役者の技術は演技力です。

その演技力を磨いて、自分の武器にして役者たちは戦っています。

 

よく若い子たちで勘違いしているのは

「事務所に入れば仕事がくる」

「監督やプロデューサーと知り合えば仕事がもらえる」など

自分の演技は後回しで、コネを増やそうとする人がいます。

もちろん「縁」もとても大切な要素ですが、「技術(演技力)」がなければ繋がりません。

 

例えば、あなたが髪を切りたくて美容院に行ったとき

とても人のいい美容師さんだけど、技術がなくて仕上がりが残念だったら?

もう行かないですよね?

 

「役者は技術職である」

演技力を高めるために、日々努力している人たちが沢山います。

悩んで何もしない時間にも、差が開いていきます。

始めから大金のかかる養成所に通ったり、会社を辞めたりと、大きなことを始める必要はないと思います。

「小さくても良い、できることからでいい、とにかく一日でも早く始めてみる」

ということを私はおすすめします♪

休日やアフター6を使って、できることから始めてみましょう(^^)/

 

具体的に今すぐ取り組めること3つ

それでは、さっそく今すぐ取り組めそうなこと3つを紹介します(^-^)

1.演技ワークショップに参加してみる

 

演技レッスンは、調べればそこらじゅうで開催されています。

まずは、ハードルが低めの「単発レッスン」に行ってみても良いかもしれません。

初心者歓迎のワークショップもありますし、見学OKのものもあります。

 

値段は、ワンコイン~数万円までピンキリです。

だいたい有名な映画監督などが開催するワークショップは、参加費が高めです。

初心者であれば、まず芝居に触れるところから始めればいいので、自分が始めやすい値段から選べばいいと思います(^-^)

ワークショップの内容も様々なので、色々参加してみて自分が取り組みやすいものを探してみてください♪

 

ワークショップをさがすなら

ストアカ icon-external-link 

というサイトでの検索がおススメです!

ストアカで「演劇」「演技」などと検索してみてください。

 icon-chevron-right 学びのサイト「ストアカ」で検索

 

 

調べた中でも150件以上!

たくさんのワークショップ情報が出てきます♪

 

ストアカのおすすめポイント

演劇掲示板よりも見やすい&探しやすい

講師や講座内容など、プロフィールページがしっかりしているので安心!!

ワークショップを体験した人の口コミが見れて、受講者の生の声が知れる!

 

 

ほかにも、演劇掲示板「こりっち」「演劇365ドットコム」という掲示板も参考にどうぞ~♪

・こりっち

いろいろな舞台の情報が集められているポータルサイト。

会員登録不要。舞台関係者ならとりあえずチェックしておくべきサイトです。

 

・演劇365ドットコム

こちらも会員登録不要の演劇ポータルサイト。

オーディション情報、ワークショップ、脚本、スタッフ募集などの情報があります。

 

ワークショップ情報についてはこちらの記事に詳しくまとめています。

参考にどうぞ:【保存版】俳優のための演技ワークショップ情報サイトまとめ

 

2.エキストラの現場に行ってみる

 

役者になりたいけど何から始めればいいのか分からない場合・・・

撮影現場の空気を体感できるエキストラがおススメです(^-^)

 

 icon-check-circle 実際に、映像の現場で仕事をするとはどんなことなのか?

 icon-check-circle プロの俳優さんたちは、どんな環境で、どんな思いで芝居をしているのか?

 icon-check-circle いつも目にしているテレビや映画の映像は、どんな人たちによって、どのように作られているのか?

何回か現場に行くようになれば、なんとなくその世界が見えてきます。

裏側が分かれば、いままで何気なく見ていた映画やドラマもちょっと見方が変わってきます。

 

私もエキストラの仕事はしたことがありますが、プロの俳優さんと自分の違いは何なのかを研究できたり、勉強になることも多かったです(^-^)

エキストラは登録制のアルバイトとして気軽に始められて、自分の都合で働けるので始めやすいですよ♪

 

 

副業NGの会社の場合は「ボランティアエキストラ」という選択肢もあります。

ボランティアなので、お金はもらえませんが番組によっては記念品をもらえることもあります。

 

エキストラについて詳しくはこちらの記事にまとめています。

参考にどうぞ:エキストラのバイト体験談【役者の私のリアルな口コミ】

 

3.社会人劇団などの見学に行ってみる

 

「舞台に立ってみたい!」そう思うなら、社会人劇団の見学に行ってみましょう。

「一緒にやってみたい」と思えば、稽古に参加するもよし、公演に参加するもよし。

まず見学に行ってみることで、その先の未来が広がります!!

 

こりっち icon-external-link などの掲示板では社会人劇団の情報も探せば見つかります(^-^)

あとはTwitterで「#社会人劇団」で探してみて、コンタクトをとってみても良いと思います。

 

社会人劇団って、けっこうちゃんと面白い劇団が多いと思うんですよね~。

あとは、社会人の集まりだから、みんな常識があって、信頼感もあります(笑)

↑劇団によっては、コンタクトとっても返信がないとか、急に稽古がなくなるとか、公演中止になるとか・・・そういう常識のない人達によるトラブルってたまにあるので(^^;)

また自分たちが社会人なので「社会人だけど芝居をしたい!」っていう人への理解度は高いので、続けやすいと思いますよ♪

 

まとめ

今回は

「社会人でも今から取り組める3つのこと」でした!

 icon-check-circle 芝居を始めるなら、お金をためてから学校に通うほうがいいんじゃない?

 icon-check-circle 会社を辞めないと、役者は目指せない?

 

鹿子
そんなことありません!

 

何事も「何かをしてみたい!」そう思ったときに、まずできそうな小さなことを始めてみる。

そこから新しい世界が広がって、いろいろな情報が舞い込んできます。

悩むよりもまず、ハードル低く、できそうなことから始めてみるのがポイントだと思いますよ(^^)/

 

こちらも参考にどうぞ:働きながら役者をする!契約社員なら演劇を両立しやすい7つの理由

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)

この記事を読んで「わかる~!」「こんなことも気になるな~」などと思った方!

感想や要望など、お気軽にコメント欄やお問合せからご連絡いただけたら嬉しいです。

twitterもやっているので、良かったらフォローしてくださいね♪

 icon-chevron-right お問い合わせはこちらからどうぞ

 

これからも役者に役立つ情報発信をしていきたいと思いますので、よろしくお願いします(^-^)♪

 icon-smile-o 鹿子ってどんな人? icon-chevron-right プロフィールはこちら

 

SPONSORED LINK