【オーディション、宣材写真の撮り方】服装やメイクはどうする?

【オーディション、宣材写真の撮り方】服装やメイクはどうする?

こんにちは、役者の鹿子です。

役者をしている以上、オーディションは避けて通れません!

そして、オーディションには、「書類審査」があります。

書類選考はほとんどが「写真」「プロフィール」ですが、私がどちらに力を入れているかと言えば「写真」です。

 

実際にオーディションに携わっている方に聞いた話ですが、書類選考というのは

1、まず、写真をパラパラっと見て、気になった人を残す(だいたい数秒)

2、そのあと、残った書類の中でプロフィールを簡単にチェックする

という流れなんだとか。

 

鹿子
数秒って!!!

って感じですよね。

でもこれが現実です(´;ω;`)

 

なので、宣材写真やオーディション写真はとても重要です。

今回は、

 icon-camera 「宣材写真の撮り方、服装やメイク」

についてまとめてみました(^^)




宣材写真の撮り方

こんなのはNG!

・プリクラや友達と映ったスナップ写真

・バッチリメイクや、スマホアプリの加工で盛りまくり

・背景がゴチャゴチャしている

 

 

宣材写真を撮る場所

 

昔は「宣材写真はスタジオで!」というイメージが強かったですが、最近は屋外の自然な感じで撮影する人も多くなってきています。

特にモデル事務所は、屋外の写真が多いイメージです。

ただ、スタジオでの白バックの定番パターンは1つは用意しておいた方がいいと思うので、まずはスタジオで撮るのが無難かなと思います。

それ以外に、素材として屋外での写真を撮るのはOK icon-thumbs-o-up 

 

 icon-camera イメージ(宮崎あおいさんの写真お借りしています)

 icon-arrow-down スタジオ白バックだと、どんな印象も与えやすい。

引用:CINRA.NET

 

 icon-arrow-down 屋外だと、雰囲気が出てナチュラルな感じになります。

引用:earth music&ecology

 

宣材写真を撮る時の服装

 

 

自分らしさを表現できるファッションが良いと思いますが、あまり奇抜な服装はイメージが固定されすぎて、宣材写真には向きません。

なるべくシンプルなもので、柄物を着る場合も控えめな柄が良いと思います。

 

基本のファッション

・身体のラインが分かること(ダボダボはNG)

・清潔感のある服装(パステル系の明るい色がおススメ)

・年齢に合った服装

 icon-female 女性は20代ならオフィスカジュアル風、30代ならお母さん風、40代ならお洒落なマダム風など

引用:UNIQLO

 

 icon-male 男性は20代なら、学生や新入社員っぽさ、30代なら若いお父さん風、40代ならちょっと渋めになど

引用:UNIQLOBiz front

季節感は、春~夏くらいのイメージが良いです。

冬のニットやタイツは、重たい印象になるので避けたほうが無難です。

 

 icon-exclamation-circle ポイントは、キャラクターとギャップを見せること!

「キャラクター」と「ギャップ」って?

 icon-arrow-down 説明していきたいと思います(^-^)

 

キャラクターをみせる

・メガネをかけて知的なイメージ

・スーツでキャリアウーマン風

・無表情でクールな印象

・ダンスや空手など特技の衣装で撮影してみる など

プロフィールで「こんなキャラの役ができます!」「特技は**です!」と書いても、写真ではじかれていたら目にもとまらないですよね(´;ω;`)

なので写真で伝えちゃおう作戦♥」です!!

 

ギャップを見せる

ギャップを出すといっても、写真は多すぎると見てもらえないので、厳選した2~3枚くらい。

その中で、印象が違ったものを組み合わせればギャップが生まれます icon-thumbs-o-up 

 

例)蒼井優さん。明るい感じとクールな感じでギャップを出す

引用:スパイス

 

ギャップがあることで

「いろんな顔がある人なんだな」

「どんな人だろう、会ってみたいな」

というなんか気になっちゃうな作戦」です!!

 

SPONSORED LINK


宣材写真のヘアメイク

 

ヘアメイクは「ナチュラル」が基本です。

普段ガッツリメイクをしている方も、できるだけナチュラル風メイクで撮影しましょう。

ヘアメイクの基本

・カラコンはなるべく控える

・つけまつげもしない

・派手すぎる髪色はNG

・前髪は目にかからないように

スタジオによってはヘアメイクさんがついている場合もあるので、プロの力を借りるのも手です(^^)

私はいつも、メイクさんにお願いして仕上げてもらっています。

ヘアスタイルは、服装に合わせて、ダウンヘアとアップを2パターン撮ってもいいと思います。

 

まとめ

基本の宣材写真はこんな感じです(^^)

あとは応募する案件や、事務所の雰囲気によって写真を変えたりと、いろいろな俳優さんのプロフィール写真を見て研究してみてください♪

宣材写真は、これをしたら正解!というのはないので、自分なりに工夫しながら、良いものを見つけていきましょう♪

 

 icon-exclamation-circle 写真を選ぶ時には、自分だけでなく、友人や家族などの意見を聞くのもおススメです!

第三者の目から見て「いいな」と思うものを知ることで「自分ってこんなイメージなんだ」と新たな発見にもつながります♪

私もがんばるぞ~~~~~!!!

 

【写真の準備が出来たらオーディションを受けよう!】

 icon-arrow-down オーディションサイトまとめはこちら

関連記事:俳優・女優のためのオーディション情報サイト8選!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)

この記事を読んで「わかる~!」「こんなことも気になるな~」などと思った方!

感想や要望など、お気軽にコメント欄やお問合せからご連絡いただけたら嬉しいです。

twitterもやっているので、良かったらフォローしてくださいね♪

 icon-chevron-right お問い合わせはこちらからどうぞ

 

これからも役者に役立つ情報発信をしていきたいと思いますので、よろしくお願いします(^-^)♪

 icon-smile-o 鹿子ってどんな人? icon-chevron-right プロフィールはこちら

 

 

【おすすめスタジオ】